魚処理の悩みはこうすればいい!うろこ取り、匂い

その他の記事

普段、魚は切り身か調理済みを買うことが多いのだが、今日買ったアジは未調理。

魚の下処理は面倒だ。うろこが飛び散ったり、匂いがついたり。内臓の処理だって汚れるし、ゴミ箱に捨てると匂い出す。未調理の魚を買ってきた日に、朝ゴミ出ししたことを思い出して、次のゴミ出しまで3日もある…orz、となることもままある。

と、いった魚調理の悩みについて、自分の普段やっている対策を紹介させて頂こう。

本日調理するのはこの子たち。マルアジ。

余談だがマルアジって魚の名前なのね。丸ごとのアジ、だと思っていた。マアジとは別人らしい。

それはさておき、まずはうろこを取る。包丁でこそげ取るのが一般的だと思うが、それだとうろこが飛び散って後が面倒だ。そこで自分が使っているのが、これ。

お菓子やパンを作る時の道具で、カード・スケッパー・ドレッジなど、様々な呼び方がある。

ここではカードと呼ばせていただくが、これがうろこ取りにめっちゃ便利。しなりのある素材でできているので、魚の身を傷つけずにうろこが取れる。

鯛のようなうろこの固い魚でもいける。メリメリとうろこが取れてとても気持ちがいい。写真のように取れたうろこがカードにくっついていくので、飛び散ることもない。

大き目のスーパーの製菓用品のコーナーで200~300円で買えるので、魚をさばく機会が多い方にはおすすめだ。100円ショップにも売っている。

ちなみに自分は、パン用と魚用に2枚持っている。

さて、うろこが取れたら、ぜいごを取り、頭と内臓を落とす。これらは新聞紙に包んでまとめ、ビニール袋に入れる。

こうしておいても、そのままゴミ箱に入れておくと、冒頭に書いたように匂いがし始める。夏場なら一日でも結構きつい。なので…

冷凍庫にイン!

「食べ物とゴミを同じところに入れるのはちょっと…」

でも考えてみれば、さっきまで「食材」だったんだから、「食材の一部」を冷凍庫に入れるのはアリだろう。ということで、捨てる日までここでおやすみなさい。

そして、ゴミの日当日に忘れないように…

メモをゴミ袋の端にテープで貼っておく。ゴミ箱から袋を出す時、いやでも思い出す。

 

さて、ここでふと気になることがある。

手が魚くさい。

何度か石けんで洗っても、乾くとそこはかとなく匂いが残る。

そんなときは、油の出番だ。

油を手のひらに塗りこんで(サラダ油でも何でもOK)、

石けんで洗い流す。

これで、魚の匂いはうそのように落ちる。

まとめると

  • うろこはカードで取る
  • 魚処理で出た生ごみは冷凍保存
  • 手についた魚の匂いは油で落とす

と、いうわけで、できた晩ごはんはこちら。ザ・和食。

あじの塩焼き、根菜のみそ汁、ひじきと豆の煮物

あじの塩焼き、根菜のみそ汁、ひじきと豆の煮物

うろこ取りに使っているのはこれ↓

Hits: 39