フライパン+シリコンスプーンでカレーを作ると想像以上に楽

フライパンでカレー お料理Diary
フライパンでカレー

普段カレーを作る時は鍋を使っています。作っている時にふと、野菜をゆでるのにフライパンを使うことが多いことを思い出し、煮物料理であるカレーもフライパンで作れば簡単なのではと思いやってみました。

使用した道具は、ティファール27cmのフライパンと無印良品のシリコンスプーンです。この組み合わせが最高に使いやすいです。

カレールウのパッケージに書かれてある説明通りに、手順を進めていきます。まず肉を炒めます。鍋で炒めると、底や縁にこびりつくことがありますが、フライパンなのでその心配がありませんでした。

にんじん、玉ねぎ、じゃがいもなどを加えて炒めた後、水を注ぎます。

27cmフライパンに800cc(8皿分)の水を投入したところです。大きさ的には全然余裕です。

完成したカレーがこちらです。

フライパンでカレー

フライパンでカレー

27cmフライパンだと8皿分でも余裕があります。ルウを入れてから、底にこびりつかないよう頻繁に混ぜないといけませんが、フライパンだと底が浅いので非常に混ぜやすいです。また、こびりつきそうな感じも全くありません。

そして、片付けについて。まず、通常お鍋でカレーを作った場合はこんな感じになります。

カレーが縁にこびりついて固まるので、鍋にお湯を張ってふやかさなければいけませんでした。

それがフッ素加工フライパン+シリコンスプーンだとどうなるかというと…

シリコンスプーンでかきとるだけでこんなにきれいになりました。縁へのこびりつきもありませんでした。

スプーンの方にはカレーが残っていますが、こちらはお湯でざっと流せばすぐに落ちます。フライパン煮込みは、カレーだけでなくシチューなどにも応用できそうです。

デメリットは、多めに作って残った分を保存する場合、フライパンが大きいので邪魔になる、という点でしょうか。

というわけで、フッ素加工のフライパンでカレーを作るメリットは以下の通りです。

  • 口が広いので混ぜやすい
  • ルウなどがこびりつかないので片付けが簡単

今後もまたカレーやシチューなど作ってみて、分かったことがあれば報告しまーす。

(以下2021.04.08追記)

20cmフライパンでも作ってみました。こちらは3皿分がちょうどいい量でした。

20cmフライパンでカレー

20cmフライパンで3皿分のカレー

 

(2021.03.30追記)その他のフライパン活用術です↓

ブロッコリーを茹でる―フライパンで時短&省エネ
牛すじ肉のビーフシチュー/時短ブロッコリーのゆで方

Hits: 41