Kindleで同じ本が、過去と現在で別商品になっていることがある?【二重購入と返品の体験談】

その他の記事

電子書籍Kindleで本を購入するようになって5年以上経つ。紙の本では、以前買った本を持っていることを忘れてまた買ってしまう、ということがよくあったのだが、電子書籍ならそういうことがないから安心♪…と思っていたら、実は全くないわけではなかった。

同じ(と思われる)本でも、過去に販売していた本と、現在販売されている本とで、別商品として扱われていることがあるようだということが分かった。よくあることなのか、特殊なことなのかは分からない。

そして同タイトルの本を二回購入してしまったのだが、Amazonには返品を受け付けてもらえた(今回だけかもしれないが)ので、そのことについて書いていきます。

通常、過去に購入したkindle本を再購入しようとしたらどうなるか

通常であれば、Kindleストアから過去に購入した本を再購入しようとしてもできないようになっている。

Amazonにログインした状態でKindleストアページを開くとこのようになっていて、一度購入した本なら上部に購入日が表示される。アンタこの本持ってるよ、と教えてくれるわけだ。

購入日の項目に気が付かずに注文ボタンを押しても下↓のような画面で購入済の商品であることが表示され、二重購入しないようになっている。

ここまでは、通常の場合のお話。ところが今回の二重注文は、それと違う状況だった。

同じだけど別の本?

ブラウザでAmazonにアクセスすると「アカウントサービス」→「コンテンツと端末の管理」で過去に購入したKindle本の一覧が見られる。下は私のコンテンツを作者名で並べ替えた画面だが、同じ(と思われる)本を、2020年と2018年の2回購入している。

Kindleライブラリで見るとこのように↓同じ本が2つ表示される。ファイルサイズが微妙に違うが、表紙やタイトルは同じ。

それぞれの本をブラウザのKindleストアで表示してみる。購入日は左が2020年、右が2018年だ。

2018年購入分のページには注文ボタンがなく、「このタイトルは現在ご購入いただけません」の文言が入っている。

それぞれの本の「商品の詳細」を開いてみると、ここにも違いがある。上と同じく左が2020年、右が2018年だ。

Amazonの商品識別コードであるASINが違う。本の長さも違うことになっている。念のため内容をざっと比べてみた(すべてのページを調べたわけではない)が、変わりがないようだった。

タイトルも表紙も出版社も内容も同じだが、ASINが違うので別の商品として登録されているようなのだった。これが、Amazonの都合によるものか、仕様なのか、はたまた何かしらのミスによるものなのか分からないが、ユーザーには不便なことだ。

Amazonに返品を申し込む

Amazonのヘルプ&カスタマーサービスによると、「誤って注文したKindle本は、注文日から7日以内に限り返金できる場合があります。 」となっている。

実はこの二重購入に気が付いたのは、購入から一週間以上経過した後。買った後しばらく放置していたが、読もうとして端末でタイトルを検索してみたところ、同じタイトルが2つ出てきてようやく二重購入に気が付いた。

さすがに期限を過ぎていたら、返品は無理だろう…とあきらめかけたが、一応ダメ元で聞いてみることにした。カスタマーサービスへのお問い合わせからチャットで返品を申し込んだ。申し込んだ内容は以下の通りだ。

経過は省くが、最終的に以下のような回答をいただいた。

kindle書籍のご注文については、ご注文確定から7日以内であれば返金を承っておりますが、今回はご注文確定から7日以上が経過しております。そのため、通常の返金対応ができませんが、ご事情を考慮し、商品代金分のAmazonギフト券を発行して返金いたします。

まじで?ほんと?やったー!ダメ元だったけど、言ってみるもんだ。Amazonさん、ありがとう。

注 私の場合は返金で対応してもらえましたが、返品が可能かどうかはAmazonが決めるので、返品または返金が可能なことを保証はできません。

ちなみにチャットでの対応は迅速かつ丁寧で、途中なぜか2回担当者が変わったが話は引継ぎされていたのでスムーズに事は進み、チャット開始から終了まで10分ほどだった。(担当者が変わったのは、7日以上過ぎていた&別商品だったという面倒くさい案件だったからか?)

なぜ同じ(と思われる)商品が別商品扱いになっているのか、今後も同じようなことが起こる可能性があるのか、聞いてみたかったが聞けなかった。返品期限を過ぎているにもかかわらず良心的な対応をしてもらえただけでありがたく、Amazon様にそれ以上お手数をかける勇気がなかった。

まとめ

考えてみれば、同じ作者の同じ作品が、出版社違いや新装版などになって別商品として販売されていることはよくあることだ。本の所有数が多く新刊以外の本を買う場合は、念のためライブラリ内で検索するなどして二重に購入しないよう気を付けた方がいいかもしれない。自分は今後はちゃんと確認しようと思う。

というわけでまとめると、

  • 過去に購入したKindle本が別商品として扱われていることもあり、二重購入してしまう可能性もある
  • 返品が可能かどうかは問い合わせてみないと分からないが、チャットでの返品申込は対応が早くておすすめ

ということでした。

 

Hits: 33