減塩の物足りなさをカバーする方法

減塩の物足りなさをカバーする方法 おいしく減塩

減塩生活を始めて気になるのは、ただ調味料を減らすだけだと物足りなく感じることです。そこで、このページでは、少ない塩分でも美味しく食べるための工夫や調理法をご紹介します!

水気を切る

野菜を洗った後の水気が残っていると、味がぼやけてしまいます。サラダなど生で食べる場合はペーパータオルなどで水分をきちんととると、ドレッシングもよく絡みしっかり味が感じられます。サラダスピナーなどを使うのもおすすめです。炒め物に使う場合も同様です。

焼く・揚げる

煮物やスープなどは水分が多いため、減塩食にすると物足りないと感じがちです。焼く、揚げるなどの調理法だと、素材の水分が抜けるため調味料の味を感じやすく、食べた時の満足感があります。

 肉や魚だけでなく、野菜もフライパンやグリルなどで焼いたり、素揚げにして表面に塩をまぶす方がより塩味を感じられます。

酸味を足す

酢の物やマリネ、ピクルスなどは減塩食にもってこいです。酢やレモン汁などの酸味をきかせることで塩分の少なさが気にならなくなります。また、炒め物の最後に酢をほんの少し足したり、食べる時にレモン汁をふりかけたりすることで味に奥行きが出て、塩味の少なさが補えます。

油分を足す

油を足すことで料理にコクが出て、物足りなさがカバーされます。みそ汁に油揚げを足したり、和え物にごま油などを少量加えることで、味がぐっと引き立ちますよ。

香味野菜やスパイスを使う

にんにくやしょうが、唐辛子などがきいた味は、塩分の少なさをカバーしてくれます。仕上げにねぎや大葉などをトッピングして香りを足すのもおすすめです!

減塩の工夫を活かしたレシピ

豚肉の塩レモンおかずサラダのレシピ
焼き肉用の豚肉を、あっさり塩レモン味でたっぷりの野菜と一緒にいただきます。
キャベツのにんにくしょうゆ和えのレシピ|減塩|レンジで作る
キャベツの甘みとにんにく、大葉の風味でキャベツがもりもり食べられるあえ物の作り方です。

 

Hits: 15