レタスの外葉と炒飯の卵(レシピ付)

レタス炒飯 お料理Diary
レタス炒飯

お昼ごはんはレタス炒飯。レタスは最後に混ぜてしゃきしゃき食感を楽しみます。卵を炒めて一度取り出すと、卵の風味も残り、色もきれいに仕上がります。

材料 ご飯・豚肉・卵・白ねぎ・レタス・粉末中華だしの素
作り方 熱したフライパンに多めの油をひき、溶き卵2個分を10秒ほど炒めて取り出す。豚肉とねぎを炒め、肉の色が変わったらご飯を入れ、粉末中華だしを入れる。卵をほぐしながら戻し入れ、火を止めてレタスを合わせる。

炒飯と言えば、米をパラパラにするために卵を入れたらすぐにご飯を入れて…、とか先に卵とご飯を混ぜておいて…というレシピが多いですよね。でも後で合わせると卵の味がしっかり感じられるので、うちの炒飯はこの作り方に落ち着きました。

スーパーなど、袋入りではないレタスが裸で売られる時、外側の緑色の葉を捨てる用のゴミ箱がよく置かれてますよね。あれを見るともったいないなーという気分になります。炒飯やスープにすれば、生だと苦い外葉もおいしく食べられます。

さっと湯がいてポン酢で食べるのもアリ。だまされたと思って一度お試しを♪

この日の晩ごはんは、鮭のバターしょうゆ焼き大葉のせ。

鮭のバターしょうゆ焼き

鮭のバターしょうゆ焼き、かぶの葉の卵炒め、五目白あえ、ブロッコリーの海苔サラダ

長年食器は白と決めて、種類も増やさないようにしてきたんですが、色柄付きの皿が欲しいなと思うようになってきました。それは、ブログやTwitterで料理の写真をアップするようになったから。画像で見ると白い皿に白っぽいおかずが乗ってるのは映えないなと。食べているだけの時は皿の色なんて気にならないのに。

自分は作ってる側だから気にならないけど、出される側は皿の色が違うと気分が変わるのかな?

マイルールを捨てて色皿を買うかどうか、ただいま検討中…。

今日は気分を変えて、ですます調でお送りいたしました。明日以降も続けるかは気分次第。

Hits: 53