フック掛けがとれたキッチンタイマーをクリップで修理した話

壁掛け用パーツがとれたキッチンタイマー その他の記事
壁掛け用パーツがとれたキッチンタイマー

キッチンタイマーの壁掛け用パーツがとれた。吊り下げ部分の爪が折れてしまった。壁掛けができないと不便なので、代わりに使えそうなものがないか考えた。

まずゼムクリップに目を付けた。

ゼムクリップ
ゼムクリップ

こいつを曲げて、ニッパーで切って、また曲げて…

まあまあ使えそうなものができたので装着。

まあ、これでもいいんだけど、形がいびつだし、フック掛け部分の幅が狭くて左右に動くのが気に入らない。何か他にいいものはないか?文具入れを物色。

そこに出会いが。

ダブルクリップ
ダブルクリップさん

「君、いいスタイルしてるね。うちで仕事してみない?」(誰だ)

むぎゅっ
解体完了

ダブルクリップのつまみは、ばねのように本体にはまっているだけなので、左右から強めに押さえると簡単に外れる。

そのままだとちょっとだけ幅が狭いので、幅を広げる。

ぐぐっ
加工完了

さて、タイマーに、はまるかな?

ジャストサイズ!

はまった。

フックにかけてみた。

ばっちり

裏面のマグネットでつける場合は、フック掛けを折りたたむのだが、これもサイズ感ピッタリ。

というわけで、無事キッチンタイマーが壁掛けできるようになった。めでたしめでたし。

Hits: 34