つくしづくし

つくしいっぱい お料理Diary

最初にお知らせ。プロフィールのページを更新しました。

今年もつくしの季節が来ました。つくし、子供のころから大好きなんです。苦みがなんともいえずおいしい。自分の中では春の味覚の代表です。

昨年まで住んでいた家の様子を見に行ったついでに、つくし採りをしてきました。地元の人はつくしを食べる習慣がないようで、以前知人につくしを食べる話をしたら「そんなもん食べんでも、他に食べれるもんようけある」と言われ「そんなもん」扱いされたことに悲しくなりました。いや、確かに、ふきのとうにたらの芽、わらび、イタドリと山菜がどこにでも自生している里山ですけどね、つくしもね、おいしいんですよ…。

というわけで、誰も採る人がいないのをいいことに、村の土手で毎年つくし採りをさせていただいていました。

今年の収穫はこちら。

およそ1.2kgほどありました。はかまを全部取るのに3時間ほどかかりました。剥き終わったあとは人差し指と親指が真っ黒になり、2,3日はとれません。この手間のかかり方と食べられる量を考えると「そんなもん」と言われるのも無理ないかも…という気もします。つくしはゆがくとかさが減ってしまうので。

ところで、つくしの栄養価について調べてみたのですが、驚いたことにビタミンEの含有量がとても高いのです。ゆでたつくし100g中に含まれるビタミンEは3.6mg。同じくゆでたもので言うと、モロヘイヤが3.4mg、かぶの葉が3.3mg、ほうれん草が2.6mgです。地味な見た目ながら、抗酸化作用があるというビタミンEが豊富なのは嬉しいです。

せっせとはかま剥きをしたおかげで、ゆでつくしが900gほどになり、その日食べきれなかった分は冷凍したので、少しずつ消費していこうと思います。

つくしの下処理の方法と卵とじのレシピがこちら↓

つくしの選び方・下処理・おすすめの料理法(卵とじのレシピ)
苦みがおいしい春の山菜つくし。苦みの多いもの・少ないものの見分け方と下処理のやり方を紹介します!定番の卵とじのレシピも!

 

Hits: 40

コメント

  1. 萌ちゃん より:

    やっぱり、つくしを取りに行きましたねぇ~。町ではなかなか見つけられないだろうと思っていましたが、あちらの家という手があったのですね。

    • こやもり こやもり より:

      往復の交通費を考えたらすごく高級野菜ってことになりますが(笑)。いや、家を見に行くついでなのです、そう、ついで…(という言い訳)