春菊の品種について & 『パンづくりに困ったら読む本』のフランスパン

牛肉と長いもの炒め物 お料理Diary
牛肉と長いもの炒め物

ランチのメインは、焼いた長いもの香ばしさとしゃきしゃき感がおいしい、長いもと牛肉の炒め物。

牛肉と長いもの炒め物ランチ
ランチ全容

副菜はブロッコリーとパプリカのカッテージチーズあえ、根菜の煮物。カッテージチーズ、脂肪分が少ないのは嬉しいけど、クリームチーズに比べたらやっぱり物足りない感があるなあ。でもパプリカやブロッコリーに合わせるとカラフルでカワイイ。

晩ごはん

夕食は鶏とかぶのクリーム煮、春菊と豆腐のサラダ。とろとろのかぶがおいしい。

かぶと鶏のクリーム煮
かぶと鶏のクリーム煮

春菊のサラダは、以前食べた時よりも苦みが強かった。そういえばスーパーで買う春菊には2種類ある(関西在住)。固い茎に葉がついているものと、茎がなく葉に直接根がついているものの2つだ。今回のは、固い茎があるタイプ。

品種によって味が違うのか?調べてみた。

茎のあるタイプは関東中心に栽培され、香りや苦みが強い。

茎のないタイプは関西以西中心に栽培され、若い葉はアクが少ない。(サラダ向き)

だそうだ。なるほど。サラダで食べたい時は茎のないタイプ、火を通すもの、香りを楽しみたいものは茎ありタイプが向いていそうだ。

鍋の季節に知っておきたい!【春菊】の種類と選び方 | 食・料理 | オリーブオイルをひとまわし
鍋に欠かせない冬の代表的な葉物野菜「春菊」。菊に似た特有の匂いも香しく、青々とした緑色は、冬枯れの季節に彩りをもたらしてくれる。関西では「菊菜」とも呼ばれ、西日本と東日本でちょっと形が違っている点も興味深い「春菊」について紹介しよう。
今日のパン

パンづくりに困ったら読む本』のレシピで作ったフランスパン。加水率が高くて生地が扱いにくいので、この本のレシピは苦手だ。でも難しいから時々チャレンジしてみたくなって、でもその都度微妙に失敗に終わるっていう、ね。

クープの開いていないフランスパン
クープの開いていないフランスパン

今日のはクープがすーっと入らず、ひっかかって全然切れない。刃はまだ2,3回目だからへたってはいないはず。こちら↓のページを参考にさせてもらったのだが、今日の場合は湿度が高すぎたのが原因かも。

ミルクハースを焼く時にクープがきれいに入りません。どうしたら良いでしょうか? | 手作りパンの大事典
Question: ミルクハースが大好きでこの講座に参加しました。 先日焼いてみたのですが、クープ入れがうまくできません。 クープを入れるタイミングがよくないのだと思うのですがクープを入れるときに生地がひきつれてしまうんです。 味はすご~~~くおいしいので残念です。どんなことに気をつけたらいいかアドバイスお願いします。...

湿度が低いので、オーブンで発酵させている間も濡れ布巾をかけておいたのが原因か。確かに生地の表面はべたついていた。でもそうしないと表面がカピカピになってしまう。温度はともかく、湿度をちょうどよくキープするって難しい。

というわけなので、湿度が上がってきた頃に再チャレンジしようかな。

断面はこんな感じ。写真では分かりにくいけど、黄色味がかったもっちりしたクラム。

フランスパン
フランスパン

Hits: 33